Gallery

画 廊

物語

木南 瑞希
「…………」
ふと耳に聞こえた雨の音に、
沈んでいた意識が浮かぶ。

ぼんやりと天井を見つめたまま
数度瞬きをすると、すぐ傍で誰かが
こちらに向かって身を乗り出す気配がした。
日向
「瑞希……! 目が覚めて……」
ゆっくりと声のした方へ目を向けると、
見知らぬ男の人が心配そうに私を見つめていた。
木南 瑞希
「……だれ……?」
日向
「……!」
尋ねてからふと気付いた。

……私、何も分からない。

この人の名前だけでなく、
今自分がいるこの場所のことも、
自分の名前すらも……分からない。

思い出そうとしてみるけれど、
霞がかかったように頭がぼんやりとしていて、
何も思い出せない。
深く息を吐くと、力が抜けて
少し身体が楽になった気がした。

午前中、大したことはしなかったのに、
とても疲れてしまっていたみたいだ。

部屋の中は穏やかな日の光に包まれていて、
仄かにあたたかい。

開け放たれたままの障子からは
たまにそよ風が吹き、優しく頬を撫でた。
木南 瑞希
「…………」
目を閉じてまどろんでいると、
どこからか微かに子どもたちの
はしゃいだ声が聞こえてくる。

屋敷の近くで遊んでいるのだろうか。

楽しそうに遊ぶ子どもたちの様子が
思い浮かび、思わず笑みをこぼす。

そっと目を開けると
葵くんを挟んだ向こう側で
東雲さんも私と同じように微笑んでいた。
木南 瑞希
「わ……!
すごい、羽に触ったら色が変わるの?」
木南 瑞希
「綺麗だね、旭」
思わずはしゃいで顔を上げると、
思ったよりも近くに旭の顔があった。


心臓が小さく音を立てる。
「……記憶があってもなくても、
お嬢様は、お嬢様のままです。
何も変わっていません」
「ですから、大丈夫です」
旭は私を見つめたまま、優しい声で言った。


……最近ここに越してくるまで、私はずっと
辰蔵さんと連絡が取れていなかったと
聞いていた。


それなら、辰蔵さんの式妖である旭とも、
こうして話すのは最近が初めてのはずだ。


それなのに……どうしてだろう。


旭の言葉はまるで、ずっと昔から
私のことを知っていたみたいに聞こえた。
木南 瑞希
「ありがとう……」

記憶をなくしてから、旭はずっと
私を気にかけて助けてくれている。


優しくて、旭と一緒にいるとほっとする。

けれど、同時にどこか掴めないところがある
不思議な人だとも思った。
東雲
「元気が出たみたいだな」
木南 瑞希
「え……」
東雲
「やはり娘さんは、笑った顔が一番だ!」
そう言って、東雲さんは
いつもの明るい笑顔を浮かべる。

……私が落ち込んでたこと、
気付いてたんだ。
木南 瑞希
「ありがとうございます……」
気恥ずかしいような、嬉しいような、
複雑な気持ちでお礼を言う。
木南 瑞希
「あの……東雲さんって、
悩みごととかできたりしないんですか?」
東雲
「む? 悩みごとならたくさんあるぞ!」
東雲
「どうやったら際限なく
美味いものを食べられるかとか、
昼寝に一番いい場所はどこだろうかとか」
東雲
「……とまあ、これは
娘さんの言う悩みごととは少し違うか」
苦笑しつつ、
東雲さんは考えるように目を閉じた。
東雲
「そうだな……。
そう聞くということは、娘さんには
何か悩みごとがあるのだな」
木南 瑞希
「……はい。
悩んでも、答えが出るような
ものではないんですけど……」
東雲
「そうか…………」
東雲さんは呟くように言うと、
そっと目を開ける。
東雲
「悩んでも仕方がないことに関しては、
あまり考えず、時に任せるのが一番だ」
東雲
「焦らずとも、大抵のことは
時が解決してくれる」
東雲
「ただ……一つだけ。
寂しいのや悲しいのは、よくない」
東雲
「悩んでそういう気持ちになったら、
一人で居ずに、誰かと一緒にいた方がよいな」
木南 瑞希
「誰かと……」
東雲
「ああ。娘さんが一緒にいて、
気持ちが楽になる誰かだ」
そう言うと、東雲さんは
満面の笑みを浮かべる。
TOP