World

世界観

雨月村

うげつむら

都会から遠く離れた田舎にある村。古くから龍神を信仰している。
数百年前、水害により近隣の村が全て流されてしまったが、この村だけは奇跡的に一人の犠牲者も出すことがなかったという。
現在村人の数は二百人程度で、主人公が通うことになる高校は村の外にある。

南条家

なんじょうけ

主人公の父方の祖父の家。
神憑きの一族と呼ばれ、村では一目置かれている。
代々『よろず妖屋』を営んでおり、妖や神様にまつわる問題を解決している。

よろず妖屋

よろずあやかしや

南条家が代々営んでいる家業。
妖や神様など、人ではないものに関する問題を解決する。
南条辰蔵の不調のため、現在は住み込みの妖憑きたちに託されている。

黒雨

くろさめ

雨の日にだけ現れる、黒い毛並みの妖狐。
凶暴な不死の妖で人間の魂を食べる。
黒雨に襲われた人間は大抵の場合命を落とすが、稀に生き残る人間がおり、その人間は妖憑きと呼ばれる存在になる。

妖憑き

あやかしつき

妖の力を持った人間。
治癒系や攻撃系など能力の種類はさまざまだが、いずれの能力にしても、
使いすぎたり、精神が不安定な状況で使うと 『浸食』と呼ばれる状態になり、場合によっては死んでしまう。